GISシステムによりターゲット層の地域別占有率やマーケットサイズなどが一目でわかります。GISシステムが独自で実施したアンケート調査やその他のリサーチデータの分析結果を配布エリア地図と重ね合わせてチラシの最大限の効果を演出することができます。また、配布エリアに対する、集客数、ユーザー分析、有効商圏有効広告配布エリアなどを明確に分析することが可能でこれにより時期配布エリアをより有効的に選定できます。
TOPへもどる

GISシステムの豊富なプログラムによりニーズにあった配布エリアを作成できます。円周、2点間、多角形、減数指定(円周・2点間)、部数指定、予算額などの豊富な抽出機能で明確に広告配布エリアを抽出することが可能、しかも、全銘柄を同時に抽出することもできます。また、抽出ライン上に架かる広告エリアの面積を任意で設定できるので、より明確な配布エリアの作成をを可能にしました。
TOPへもどる

GISシステムより消費市場動向(ターゲット層の分布など)、競走市場動向(競合店状況など)、自社市場動向のマーケティングテーマ別に分類されたカラー表示マップにより、戦略地域の特性が一目で分かるので、配布効果分析が容易にできるのです。一度に大量のデータを同時に扱うことができるGISシステムはデータ相互の加工が簡単にでき、顧客数と性年代別の人口割合や競合店の売上高との相関が把握でき、潜在市場の発見にも活用できます。また、地図データのメリットを最大限に活かした、道路ネットワーク経由の商圏シュミレーションモデル等のデータ加工もできます。GISシステムの有効利用により、きめ細やかな配布エリア・部数設定の他、投下した広告のレスポンスが地区別に把握できるのです。
TOPへもどる

○配布部数カット
  配布エリアで抽出された部数を全体でも銘柄別でも販売店別でもカットが可能です。
○エリアデータ参照
  指定された広告配布エリアの属性をレポート表示します。
○レポート印刷
  画面に表示された広告配布エリアの各種レポートが印刷出来ます。
○検索
  漢字住所及び新聞販売店名から瞬時に画面に呼び出すことが可能です。
○データメンテナンス
  広告配布エリアごとの属性データをメンテナンス可能にします。
TOPへもどる